篠原法律事務所 SHINOHARA LAW OFFICE

理念 篠原法律事務所は、個人・企業を問わず、依頼者の皆様が抱えておられる様々な悩み事を、法律論にこだわらずに総合的な視点から解決することを基本理念として設立されました。私達は、弊事務所を「総合的な問題解決の場」にすることを目指します。

各案件への取り組み 弊事務所を「総合的な問題解決の場」とするために、全案件について以下のように取り組みます。

Ⅰ.  十分なヒアリングの実施 十分なヒアリングが、その後の方針を決定づけ、困難な問題を解決に向かわせます。まずは、依頼者の皆様がどのような悩み事を抱え、どのような解決を望んでおられるのか、時間をかけて丁寧にヒアリングを実施します。

Ⅱ.  基本の重視 当たり前のことを当たり前に実行することが、意外とおろそかになりがちです。特に、法律問題はとても専門的で複雑に見えることが多いため、つい複雑な方法で対処しようとしてしまいます。 しかし、複雑な法律問題といえども基本の組み合わせに過ぎないことがほとんどです。弊事務所は、常に基本(条文、判例)を意識して、可能な限り基本的でわかりやすい説明を心掛け、基本をいかに使いこなすかという点にこだわりを持ち続けます。

Ⅲ.  他分野の専門家との連携 弁護士が解決できる問題は、法律問題に限られています。しかし、依頼者の皆様が抱えておられる悩み事は、法律問題だけではないはずです。弊事務所は、税務、会計、労務、経営、医療、心理、教育、製品開発(デザイン)等の各分野の専門家と連携することにより、真の問題解決を目指します。

Ⅳ.  粘り強い挑戦 法的紛争は戦いであり、戦いの目的は勝利することです。十分なヒアリング、基本の重視、専門家との連携、これらはいずれも勝つためのセオリーにほかなりません。これらのセオリーを具体的に実践していく過程において、勝利へ向けて最後まで粘り強く挑戦するという姿勢を持ち続けることが、結果(=依頼者が得る利益)に違いを生み出すと確信しています。私達は、最後まで粘り強く、闘争心を持って案件に取り組むことによって、依頼者が得る利益の最大化を目指します。